スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

ミニコンサート 静かに開催します。

006_1_1.jpg

6月30日 松山 三番町 BAR オー・ド・ヴィ にてジャズ・ミニコンサートを開きます。

ジャズシンガー森下敬子さん、ジャズピアニスト井上ゆかりさんの女性お二人のライブです。

店は狭く20数席しか用意出来ない為、今日 公開したら直ぐに満席になってしまうかも・・・

お客様にはドレスコードをお願いします。「男性はジャケット着用、女性にはチョッとだけお洒落を・・」

   興味がお有りの方は 是非 足を運んで下さい。 

        お問い合わせは  090-3187ー2647 鈴木まで、
    09:16 | Comment:0 | Top

コブラキッズカーの巻 2

cobra003_1_1.jpg


cobra006_1_1.jpg


8日月曜日 神奈川から高知へ送られて来たキッズカーを見てきました。

場所はネッツ高知(南国店)で これから簡単チェックをして四国自動車博物館で
コブラ427の実車に並べて展示します。

    06:53 | Comment:0 | Top

コブラキッズカーの巻

IMG_0055_1_1.jpg


IMG_0058_1_1.jpg



「発送準備完了」

コブラキッズカーです。 今回 四国自動車博物館(高知県)で実物のコブラと並べて展示する為に、
保管先の神奈川より発送する段取りとなり、荷造り完了の連絡が有り  3~4日後に到着予定の
運びとなりました。

「さて どこで乗りましょう?」

ゆくゆく サイドウェイトロフィーなどでエキシビジョンレースとして「キッズカーのレースが有れば・・」と
購入を思いつき探していました。 そして コブラの程度の良いキッズカーが見つかり譲り受けました。  
そして どこで乗りましょう?・・と考えていて、キッズカーと言えども全長2m、車重70kgをリビングには
デカク!? 考えてた所、友人の四国自動車博物館だと本物のコブラが展示されてるから、並べて展示
すると絵になるし家族連れには喜ばれるのではと そして 駐車場で走らせれば良いのだと気付いて話
しを進め 運ぶ段取りとなりました。


    15:08 | Comment:0 | Top

「今日は大安」と言うことで・・・

no002_1_1.jpg



大安の日を待って・・  湘南ナンバーから愛媛ナンバーに変更しました。

趣味の車ですので、整備士やプロに任せずオーナー自身に新しいナンバーを装着して
頂いてます。

「苦労を楽しむ」 面倒な事 頼めば済むような事に手を煩わせる事で、より愛車に愛着が
湧いて来るのではと考えてです。

無事 封印も完了した後は、峠の方へ気持ち良く走り去って行きました。

    15:16 | Comment:0 | Top

シェーファー万年筆

dunhill00_1_1.jpg

「久し振りに手紙を書こうか?」と・・  シェーファー万年筆を取り出し「インクはdunhillでしょう」と
アメリカと英国のコラボレーションでセッティングしました。

自身のファッションを「東海岸風トラディッショナル」を目指してる身には「必要にして納得の組み合わせ」
です。


冬の夜長の手慰みになるでしょうか?

    14:27 | Comment:0 | Top

秋に向かって・・1

IMG_2844_1_1.jpg


11月のイベントへ向けてブルックランズライレー9のEngリピルドも中盤に掛かっています。

昭和から平成に入り30年間ほど、いろいろなイベントを見たり参加して来ましたが、昨年 参加した
サイドウェイトロフィー袖ヶ浦は内容的にはとても良く考えられて出来てるイベントだと思いました。

それは 当日 サーキットで見掛けたスタッフ・エントリー・ギャラリーの顔・雰囲気が「同じ空気感」
だったからなのでは・・と 想像してます。 それは すれ違うギャラリーの素敵な装い コースイン時
のスタッフの粋な佇まい 高揚する心を鎮ませてくれる何とも言い難いシチュエーションが出来ていた
からなのでしょう。

これからの予定は 希望は・・  5月に完成 下旬にオーバルコースでシェイクダウンと慣らし運転
夏過ぎる頃に 「ドライバーが車に慣れる事」「或る程度は回せるエンジンに持って行く事」を目標に
11月からのスケジュールを逆算して行って予定を考えたいと思ってます。 

「それと・・」

昨年から”或る車”が迎えれればと思って”待機”しています。 人それぞれ想いも価値観も物差し
も違う中で、私は或るテーマを持って”その車”を迎えたいと願い お話しの場に立つ準備をしてい
ます。

モチロン その車はサイドウェイトロフィーにとっても似合う車で、先にその車のドライバーも心に
決めています。 その方はアマチュアですが、この10年闘病生活を余儀無くされています。

でも 何とかその方に「サーキットへ戻って来て欲しい」と願っています。私利私欲・魑魅魍魎の
旧車の世界で親友と言って頂ける数少ない大事な友だからです。

いろんな思いを持って、秋に向かって足元をしっかり見て進んで行きたいと考えてます。


    08:07 | Comment:0 | Top

地方でも楽しめる・・1

hieley_1_1.jpg

愛媛という地域は地方と言う事も有り、整備・パーツ供給には苦しい地域です。  英国車もMINIを
中心に扱い易い車種が主で、今回のようなヒーレー それも 部品に不安を抱える車は1台も住んで
いません。

今回 オーナーからの要望で「初期のヒーレー」を探しましたが、車は見付かっても後のメンテナンス
の不安は付きまとうので、「愛媛に居ながら関東のメンテナンスとアドバイスを求められる環境作り」を
考えました。

・・ですので オランダから横浜港に着いた時もオーナーには「暫く 待ってください。入念にメンテナンス
してからお渡しします」と説明して、英国車のスペシャリストで有るプレスコットに委ねました。

車は殆んどオリジナルパーツで組まれた非常に完成度の高い車でしたが、ステアリングセンターの指示器
だけは故障してて、パーツも見付からず応急で別スイッチが付いていました。

工場へ入って数日後 プレスコットから連絡が有り『倉庫探してたら、オリジナルスイッチが出て来ました
ので交換しておきますね!』と言われて 「無いパーツ出しても良いんですか? 英国へ問い合わせても
当時のオリジナルは見付かりませんでしたと言われてました」と・・、入手困難なパーツでも心良く出して
くれる工場の暖かさに感謝した事柄でした。

お陰で高速での走行時でも車線変更が楽しくて、指示器を操作する事が楽しくて、 快適なドライブが
出来ました。 一度 しっかり見て貰っていれば今後のトラブルにも素早く対応出来るでしょうから今後
ヒーレーでのモーターリングライフが安心で楽しめるものになると思います。


    12:12 | Comment:0 | Top

ヒーレー四国上陸

IMG_3191_1_1_1.jpg


待つこと数ヶ月 やっと やっと ヒーレーが東京→徳島フェリーの無人乗車にて、到着しました。

フェリーから下り そのまま 一気に徳島→愛媛・松山200km余りを走って帰ってきました。

コンディションは細部をプレスコットにて点検整備して頂いたので絶好調です!

友人の元で走り込んで頂いて、後々 イベントに顔を出して行けるようになれればと願ってます!

    08:03 | Comment:0 | Top
 
 
カレンダー
 
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
プロフィール
 
 

おやじ

Author:おやじ

 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
お気軽にメール下さい
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
多数のご訪問有り難うございます
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。