スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
    --:-- | Top

仔犬誕生 3

af01_1_1.jpg

今回 育児で楽しんでる所は「育児の方法が判らない母親」の??を ひとつずつ解決して行く過程です。

フレンチの場合は帝王切開で子供が生れる為に「母親は自分が産んだ意識が無い場合」が得てして
起きます。その場合育児に参加したくても判らない母親が多くて・・・、

「横に寝そべる事も座る事も出来ない母親」
産まれて直ぐの赤ちゃんを見た時「宇宙人を見るような怖さと、何かの繋がり」を感じてるような不思議な
感情を抱いたようです。粉ミルクで授乳を始めると近付いて来て横にいます と言って座らせて赤ちゃんを
乳首に付けようとすると逃げてしまいます。「ゆっくり待つしかない」と1日目2日目と過ぎて行き粉ミルクが
美味しいのかミルク狙いなのか授乳後の口周りを舐めるようになりました。「明日には座ってくれるかな?」
と願いつつ 2時間~3時間毎の授乳タイムを繰り返して行きます。

「どうしようか?・・」と考えて ふとっ「小さめのBoxは?」と試してみて、少し小さめで程好い大きさの
育児Boxを用意すると居心地が良いのか座る事が分かりました。 ただ 気を付けなければいけない
のは「親の大きな体で小さい仔が圧死しないよう注意する事」です。

それでも 小さい仔は強く母乳を吸えない為 5匹の内 上手く飲めるのは1匹くらいで残りの4匹は
4日目過ぎても粉ミルクで育てています。飲む前と後に体重を量り「飲ま無さ過ぎ」と「飲み過ぎ」に
注意して1回/10cc~程度を飲ませてます。

粉ミルクもメーカーによって粒子の粗さも違い、出来上がりの濃度にも差が有ります。哺乳瓶の飲み口の
切り方大きさも変えて準備します。上手くパターンにはまれば気持ち良く授乳させる事が出来るので成長
と共に”具合”を変えて行きます。

5日目に入り 250gを超え 徐々に顔立ち(鼻の詰み具合・額の形・マズル)が解って来ました。

12日目を過ぎた頃、目が開き始める頃が楽しみです。 苦労を楽しんでます。 それでは・・・





    04:42 | Comment:0 | Top
 
Comment
 
 






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可
 
 
カレンダー
 
 
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
 
 
プロフィール
 
 

おやじ

Author:おやじ

 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
お気軽にメール下さい
 
 

名前:
メール:
件名:
本文:

 
 
多数のご訪問有り難うございます
 
 
 
 
リンク
 
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。